記事一覧

金利の低い流通系クレジットカード

女性を中心にカード発行枚数が増えている流通系クレジットカードです。ここで10万円借りて翌月返済すると、セゾンカードの金利は24・0%ですから利息は1ヵ月で1972円、丸井カードの金利は27・0%で2210円となります。これは銀行系無担保ローンの約4倍もの利息となり、高利といわれる消費者金融と比べてもその差はごくわずかです。ちなみに、大手消費者金融で10万円を1ヵ月間借りると、武富士の金利は27・3%で、利息は2280円、プロミスの金利は25・5%で2129円となります。そして、さらに金利が高い銀行系クレジットカードで同様に借りると、JCBの金利は27・8%で、利息は2319円、アメリカンエクスプレスの金利は29・2%で2430円となっています。

10万円という比較的少額の借入れで短期返済なら金利は高めですが、消費者金融はもっとも使い勝手がいいといえます。消費者金融はATMの台数が多いので借りるときも便利ですが、返済時も同様にATMを見つけやすく、24時間いつでも返済できます。もし返済方法が不便で店舗やATMが少ないと、わざわざ時間をつくって当該の場所まで行かなければなりません。それで1日、2日と返済が延びれば、それだけ利息が増えてしまいます。このような事態は、お金を借りる側にとってどうしても避けたいことです。しかし、消費者金融にしろ、クレジットカードにしろ、金利がまだまだ高いことは事実です。貸出金利は法定金利ぎりぎりで、お金を貸す側にはいいビジネスでしょうが、お金を借りる側からすればとても良心的とはいえません。

金利の高いところから安易な借入れをするのは絶対に避けるべきなのです。どうしてもお金を借りたいというときには、できるだけ金利の低いところを選んで計画的な返済をしたいものです。たとえ、1日でもこのような利息が付きますので、のんびり1ヵ月後に返済しようとすると大変な金額になってしまいます。とにかく、無担保ローンやキャッシングを利用する場合は、つねに金利と支払利息を頭に置き、安易な気持ちで借り続けることは避けたいものです。業者側でもコマーシャルで「ご利用は計画的に」といっているくらいです。そこで、一ヵ月後の利息も比べてみました。一ヵ月後の利息を安い順から並べると、もっとも安い利息ですむのが、銀行の無担保ローンで、どこも数百円ぐらいです。一定期間無利息ローンは、期限が過ぎれば28・8%の金利が付きます。

したがって、NOLOANの場合、利息分は1817円、ユアーズのキャッシングの利息分は1586円へと跳ね上がります。銀行の無担保ローンは翌日から利息がかかりますが、もしも1ヵ月後しか返済できないと初めからわかっているなら、銀行の無担保ローンを選んだほうが賢明です。ただし、初回は審査に1週間ほどかかりますので、急なキャッシングには不向きです。審査時間が最短30分ですむ銀行系消費者金融は使い勝手はいいのですが、一力月借りた場合の利息は1479円と、銀行の無担保ローンと比較して3倍の利息になります。しかし、「消費者金融を利用するのはちょっと抵抗があるけどすぐにお金を借りたい」という向きは、「銀行系」というブランドカになんとなく安心感を感じて、融資を申し込んでいるようです。

お金借りる 即日