記事一覧

流通系クレジットカードの売り場を持つ強み

流通系クレジットカードは、スーパーや百貨店などの小売り企業が親会社だけに、使われる頻度の高い力-ドとして、安定した業績が見込めるメリットがあります。

流通系クレジットカードの源流をたどっていくと、「月賦百貨店」から出発した会社と、大手スーパーが新たな収益源として金融部門を設立した会社という二つの潮流があります。前者にはクレディセゾンや丸井、後者にはイオンクレジットサービス、ポケットカード、オーエムシーカード(OMC)が位置しています。

セブンは76年、西武百貨店が月賦百貨店の「緑屋」の経営に乗り出し、西武クレジットを設立しました。丸井は戦後まもなく、自社の百貨店で月賦販売を開始していましたが、60年に「丸井のクレジット」というコピーを編み出し、国内で初めて「クレジット」の名を世に送り出したと言われています。

イオンは81年、「日本クレジットサービス」の社名でカード事業に進出しました。ポケットカードは翌82年に、やはりスーパー大手のニチイが「ニチイクレジットサービス」を作ってカード事業に進出しました。OMC力-ドは、75年にダイエーが設立した朝日クレジットが最初ですが、84年に月賦百貨店の「丸興」と合併して本格的にクレジットカード事業を開始、87年にダイエーファイナンスができました。

月賦百貨店が一方の源流だけに、信販会社との結びつきは古く、クレジットカード事業の進出以前は信販との提携カード(当時はクーポン形式)で月賦(割賦)販売をしていたといわれています。

大手小売業がクレジットカードに進出した背景には、業務のシステム化の進展があると言われています。70年代後半にかけて、スーパーのレジにPOSシステムを導入する企業が増加しました。

POSは「販売時点情報管理システム」と呼ばれるように、販売活動をシステム管理することです。POSにおけるシステム構築の発想が顧客管理と結びつき、信販会社に頼っていたカード決済を内製化し、新たな金融収益がもたらされると考え、自社カード発行に至ったのです。

銀行系であれ信販系であれ、クレジットカードは使われて初めて利益が出るビジネスです。流通系クレジットカードはその点、小売りの現場を持つ強みがあります。スーパーのレジでカードを提示すれば、キャッシュレスで日々の買い物ができるうえに、ポイント還元も家計を預かる主婦には好評です。